八ヶ岳ガーデン日誌
ペレニアルショップ「八ヶ岳ガーデン」の日誌書庫でございます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般に市販されている多くは9cmポットや10.5cmポットです。
ではその苗とは何が違うのか?

宿根草はその名のように根元の充実が重要な要素となります。

12cmポットを使用することによって
春は高原である為、芽吹きは遅いですが充分にしまった苗をお届けすることができ
植え付け期である秋には、夏の高原で充分に育成した苗をお手元にお届けすることが可能です。

弊社で取り扱っている宿根草の多くは12cmポットで育成・出荷され
一般に市販されている9cmや10.5cmの苗とは
植え込み後の育成がまったく異なったものになります。

約300品種の植物リストから50~100種を厳選し
さらにこだわりの12cmポットで育成したものをお客様にお届けしたい
というスタッフの想いが込められています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。