FC2ブログ
八ヶ岳ガーデン日誌
ペレニアルショップ「八ヶ岳ガーデン」の日誌書庫でございます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿根草を植える時期について
横岳です
心身疲労困憊中です


こちらをごらんください


このページの下の方に

<植え付け期>--3-6月、9-11月

と、書いてあります
これを書いたのは私です、そして別に根拠はありません
何故なら、宿根草というものはそれほどデリケートなものではないからです
つまり、基本的にはいつ植えても元気に育つものだとお考えください
要は、暑い夏寒い冬くらいは避けましょうね? 植える人的に
という意味です

宿根草は常に成長する植物です
そして人間と同様に、暑い日と寒い日はなまけたくなるものです
だから人間が快適な時期は、宿根草も快適なのです

コツを言えば
春ならば、梅雨が来る一か月前までに植えれば大抵大丈夫です
秋ならば、秋雨前までに植えれば元気に育つはず
つまりコツなんてないも同然なんですけどね


よくある、パンジーやビオラは気の早い人だと年内から植えます
冬は縮こまっていますが春になると一気に膨らみいっぱいに花を咲かせます
ペチュニアも同様に、4月ごろ植えれば6月には花盛りになっていることでしょう

だが、宿根草にはそれがない
花が咲く時期に咲き、咲かない時期は咲かない
それが年間を通して生きる宿根草
思うに、半年間咲き続ける一年草も見事であるが
決まった時期にしか咲くことのない宿根草もまた凄絶である


ってな感じかな?
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。